女の人

うつ病の診断が簡単【気軽に申し込みできちゃう】

うつ病の診断を受けるには

医者

精神科や心療内科で診断

ニュースなどでよく耳にするうつ病。一体これはどのような病気なのでしょうか。そしてどうすれば治るのでしょう。うつ病の特徴としては様々なものがあります。やる気が出ない、趣味が楽しめない、食欲がないなどの気分的なものから、体が動かない、不眠が続く、涙が止まらないなどの身体的なものまであります。現在、インターネットではうつ病診断テストを自分で行えるサービスもありますが、正確な診断を受けるためには精神科や心療内科の診察を受ける必要があるのです。自己判断ではなく、専門家の診断をきちんと受けることが早期回復への道の一歩といえるでしょう。精神科、心療内科というと近寄りがたいイメージがありますが、近年はオフィス街やメディカルビルにクリニックとして気軽に来院できるようになっています。他の病気の際と同じように、まずは通院をしてみましょう。もしできるのであれば、病院に行く前に電話で症状と予約をする必要があるかを聞いてみます。完全予約制の病院もありますし、場合によってはカウンセリングなどのため時間がかかることがあるからです。そのため、初回はなるべく電話をしたほうが確実に診断を受けることができます。うつ病の原因はストレスや、脳内物質の不足と言われていますがはっきりとしたことはわかっていません。しかし、医師の診断のもと正しい投薬と治療を行うことでかなりの患者がよくなっています。診断にかかる際には、自分が現在困っている症状やどういうストレスを感じているか、なにが心配かなど、医師に伝えたいことをメモしていくと楽に話すことができます。精神科などと聞くと、診断が長引くのではというイメージがあるかもしれませんが、実際は他の患者も多く、人気の精神科や心療内科の場合は診療時間があっという間に終わってしまうこともあります。そのため確実に自分の疑問を解きたいのであれば、医師にヒアリングしたいことをメモにしておいたほうが効率的なのです。精神科や心療内科の医師は多くの患者を診断していますから、一時的な落ち込みなのかうつ病なのかをきちんと判断することができます。そのうえで、もしうつ病であれば薬を処方し、休養を進めることでしょう。精神科の薬は自己判断でやめたり、増減すると症状が改善しないことがあります。あくまで医師の指示の通りに服用しましょう。自己診断で勝手に自分のことをうつ病だと思い込むことは危険です。医師の診察を受け、間違いがなければ傷病手当や有休の消化をすることもできます。うつ病は放置しておくと悪化する危険な病です。さらに不安感や焦燥感にかられ、中には自ら命を絶ってしまう人も少なくありません。そのような危険な道に入り込まないよう、正しい診察を行うプロの力が必要なのです。服薬し、症状が改善すれば大体3か月から6か月ほどで職場復帰ができるようになるでしょう。まれに処方薬を自己判断で捨ててしまったり、正しく服用しない人がいますが、症状が悪化するだけです。もし、薬が合わないなどの場合はそのことを医師に伝えましょう、現在は様々な薬が開発され、副作用が少ないものもたくさん用意されています。