女の人

うつ病の診断が簡単【気軽に申し込みできちゃう】

うつ病に関する基礎知識

聴診器

うつ病とはどんな病気か

うつ病という言葉を聞いたことがないという人は、おそらくいないのではないかと思います。そしてうつがどんな病気かというのも、なんとなく想像がつく人が多いのではないでしょうか。しかし、もし自分や周りの人がうつになったとき、すぐにそれとわかって対処できる人は意外と少ないものです。うつ病は症状が軽いうちに病院にかかり、診断と治療を受ければ回復も早いのですが、初期の頃は自分自身であっても病気ということに気づきにくいです。うつ病は誰でもかかる可能性がある病気で、「心の風邪」といわれることもあるくらい身近なものです。ここでは、自分や家族、友人がうつ病になってしまった時に少しでも早く気付けるように、うつ病がどんな病気かということをご説明していきます。うつ病の代表的な症状として、死にたいと強く思う希死念慮、夜眠れなくなったり、朝早く目が覚めたりする睡眠障害のほか、自分を強く責めてしまう、食欲が低下する、わけもなく涙が出るなどが挙げられます。私たちが毎日の生活を送る中で、例えば何か失敗をして自分を責めてしまったり、夜眠れない日があるのは自然なことです。しかしそのようなことが2週間以上続いていると、うつ病を疑う必要があります。特に直近に環境の変化がある場合は要注意です。実は親しかった人との死別、病気になったなどのネガティブな変化だけではなく、結婚や昇進などの嬉しい変化も、うつを引き起こす原因になることがあるからです。そのような場合は、自分も周りも「嬉しいはずなのになぜだろう」と戸惑い、病気の発見が遅れるケースもあります。環境の変化というのは多かれ少なかれストレスを伴うものなので、それが本人にとって良いことでも悪いことでも、うつの原因になり得るということを覚えておいてください。また、意外かもしれませんが、うつは心の病であるにもかかわらず、身体症状ばかりが出るケースがあります。たとえば頭痛だったり腹痛だったり、なんとなくずっと吐き気がするといったような、どこか身体に不調があるとしか思えないような、診断が難しいケースもみられます。このような症状を訴える人のほとんどは内科に行きますが、内科で痛み止めや吐き気止めを処方されてもよくならず、内科の医師に心療内科を紹介されて抗うつ薬を服用したところ、症状が改善した…といったケースもあります。身体症状がある場合、心療内科や精神科は、それらが本当に身体の疾患ではないかということを確認してから治療にあたるのが原則になっています。そのため、最初に内科等を受診するのはむしろ正しいことです。しかしそれでもよくならなかった場合、もしかすると心療内科領域の病気かもしれない、ということを頭の片隅に置いておいてください。うつ病は、適切な診断と治療を受ければ回復できる病気です。治療は薬物療法が主となりますが、最近は認知行動療法という治療法でうつになりやすい思考を修正していくという治療も登場し、再発を防ぐことができるようにもなりました。うつは心が弱いから、ダメな人間だからなる病気ではありません。むしろ、責任感があって真面目な人ほどなりやすいともいわれています。もし自分や周りの人が「もしかして、うつかも?」と思ったら、迷わず医療機関を受診して、適切な診断と治療を受けてください。